3月16日の取引結果 - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

3月16日の取引結果

こんばんは、ヤマブキです。
FOMC、BOEを経て、ポンドが勢いよく上昇中です。

ボラティリティが拡大してきたように思いたいのですが、今のところ良く動くの指標の時のみです。なかなかやりにくいのは変わりませんね。


ポン円
4.4pips、-3.9pips、2.2pips、-4.2pips、13.6pips

ポンドル
6.1pips、10.2pips

ユロ円
-3.1pips

ポン円のチャートを掲載します。
316.png


最近のブログのコメント欄のやり取りで、とあることを思い出しました。
何かの本に書いていたと記憶しているのですが、このような内容です。

トレードルールに従ってトレードして勝った・・・・・良い
トレードルールに従ってトレードして負けた・・・・・良い
トレードルールを破ってトレードして負けた・・・・・悪いが運が良い
トレードルールを破ってトレードして勝った・・・・・最悪

トレードと言うのは、結果である勝敗に意識が向かってしまうのですが、決してそうではなく、まずは自分のルールに従ってトレード出来たかどうかで評価すべきだ、という主張でした。

私も本当にその通りだと思います。
勝っても負けてもルールに従ったのであれば、それは正しいのです。

ルールを破ったトレードが勝ちトレードになってしまうことが最悪となっているのですが、この意味は経験者ならわかりますよね?

「ルールを破っても勝てるのなら、ルールを破ってもいいじゃないか!」
という心理的な緩みを生じさせます。

その結果、ポジポジ病になったり、損切りをしなくなったりと、気づけばルールから大きく逸脱したトレードを続けてしまい、想定外の損失を出してしまうのです。

トレードの勝ち負けにこだわる前に、ルールに従うこと。
勝つための大前提だと思います。

更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
私のスキャルピング手法をまとめた教材「Pullback FX」販売中です。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント