本業とトレードを両立するために - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

本業とトレードを両立するために

こんばんは、ヤマブキです。
昨日、元弟子のT君と少し会ってきました。

「最近の調子はどう?」

と聞いたら、「調子悪いです・・・」と言う歯切れの悪い答えが返ってきました。

4月の相場はかなり悪かったうえに、新年度で彼も色々と忙しくストレスも溜まっていたことで、どうも自分の力が発揮できていないようでした。


本業とトレードの両立、と言うのは簡単なようで難しいものがありますね。
私も経験があります。

日中に会社で仕事をして、帰宅してトレードをするとなると、会社で受けたストレスや疲労をそのままトレードに持ち越しがちです。

そのために妙なミスをしたり、無性にスリルが欲しくなったり、トレードに集中できなかったりと不都合な結果を招くことになるのです。

こうなることを避けるために私がサラリーマン時代にやっていたことは、仕事から帰宅したら熱い風呂に入って頭をリセットするでした。

これが結構効果的で、頭がシャキッとして新鮮な感覚でトレードに臨むことが出来るようになるのです。オススメです。

私はやっていませんが、トレード前に瞑想する人もいますね。
目を閉じて精神を穏やかな状態に持って行くことで、それまでの雑念を一掃することが出来るそうです。


T君にもこのようなメンタル管理方法を紹介してきました。
するとT君から「専業になったらメンタル管理は楽になるんですか?」と言う質問が来ました。

専業トレーダーと言うことは、生活の中心がトレードになるわけですから、兼業の方と比較すれば基本的にトレード以外のストレスは少ないです。

しかし、専業には専業のプレッシャーがあります。
全てが自己責任で、トレード以外にも収入が無い状況になると、それはそれでキツイです。

私も専業になりたての頃は胃がキリキリと痛み、「これなら仕事続けといたほうがよかったかなぁ」と思うことがよくありました。

私の感覚としては、専業のプレッシャーの方が圧倒的にキツイです。
今では慣れてしまいましたが、専業でやっていくには、このプレッシャーを跳ね除ける必要があります。

このようなこともあって私は他人に専業トレーダーになることはお勧めしません。

T君にもこの話をしたのですが、「それでも専業になりたいです!」と意気込んでいました・・・。なかなか伝わらないものです。


更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
私のスキャルピング手法をまとめた教材「Pullback FX」販売中です。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント