5月18日の取引結果& - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月18日の取引結果&

こんばんは、ヤマブキです。

今月上旬までは上げ一辺倒だったドル円、ポン円、ユロ円は急に向きを変えて下落しています。

私としてはもう少し緩やかな押しが入ると考えていたのですが、トランプ大統領への不信感から大幅にドル安に転じているようです。

市場が改めて「トランプリスク」を感じているのでしょう。
支持率も低下しており、4年間大統領を務められるのかどうか、既に不安です。


ポン円
-12.1pips

ユロ円
9.2pips、7.1pips、14.2pips

ユロ円のチャートを掲載します。

518.png

勝手に回答コーナー



久々の勝手にコーナーです。

FX 光が見えてきたのは

何がきっかけで、期間はどれくらいですか

FXをやっていますが
負けていて、先が見えません
まるで暗闇にいるみたいです

チャートを見るのは楽しく検証も嫌じゃない
でも勝てなければ意味がない

これをやったら勝てるという手法もない
聖杯が存在しないのも
色々な人の話や
自分でやってみてわかりました

でもある時に
何か大事な事に気づくというか
パンと見えてくるものがあるように
思えてなりません。
そう思いたいです。
それは手法などというものではなく。

暗闇から抜けた人
きっかけとか
教えてもらえませんか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14174109819?__ysp=772G772Y




光が見えて、勝ち組への道が掴めたと思えたら掴めてなかった・・・・。
何度経験したことでしょうか。

新しい手法を見つけた時、何かアイディアがわいた時、検証で好調だったとき、週単位で勝ち越した時、1日で100pips取った時など、明らかに「今までとは違う!これから勝ち組だ!」と感じても、それが長くことはないですね。

トレードと言うのは何らかのきっかけで急激にパフォーマンスが上がるものではなく、地道な努力や継続によって徐々に技術が培われるものです。

急にパッと明るくなってもそれは瞬間的なモノに過ぎません。
何度もフラッシュライトに騙されながらも、検証とトレードを継続し続けられると、自分では気づかないくらいないのスピードながらも着実にパフォーマンスが上がってきます。

その時に改めて過去の自分のトレード技術や意識について振り返ってみると、「大きく変わったものだなぁ」と感じるものなのです。


更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。