6月20日の取引結果 - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

6月20日の取引結果

こんにちは、ヤマブキです。
昨日はカーニー総裁の発言でポンドが再び下落しました。

ポン円のテクニカル的はようやくイギリス総選挙前のレートに戻したところで、再度売られたことになります。

最近のポンド相場は要人発言の影響が大きいと感じます。
それだけ意識されていることになるのでしょう。


ポン円
-0.7pips、-1.0pips、-6.6pips、9.1pips

ユロ円
3.2pips、9.1pips、-4.2pips


ポン円のチャートを掲載します。

620.png

本日6月21日の午後13時の時点でもポン円、ユーロ円ともに下向きですね。
ロンドン時間に入って流れが変わる可能性もありますが、とりあえずは大きな流れに従った方がトレードしやすい感じです。


マネーボイスで興味深い記事を見つけました。

日本はなぜ超格差社会になったのか?その「制裁」は1989年に始まった=矢口新

「生き残りのディーリング」の著者の矢口新さんの記事です。

生き残りのディーリングはトレーダーなら読んでおくべき本ですし、矢口氏が投稿する記事は着眼点や切り口が好きで私もよく読んでいます。

今回の記事は1989年より始まった消費税導入。
消費税が日本経済にどれだけのダメージを与えてきたのかの考察になります。
トレードとは関係ありませんが、非常に説得力があって興味深いです。



更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント