投資・投機を否定する人たち - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

投資・投機を否定する人たち

昨日、タブレットでネットサーフィンをしていたら、投資・投機をことごとく否定するブログを見つけました。

不動産投資、株式投資、FX、仮想通貨、投資信託、債券などを、存在そのものから否定していました。

なぜそこまで投資や投機を憎むのかはわかりませんが、上記の投資商品は何も生み出さず、更には単なるギャンブル的なものに過ぎないとのこと。


長いことトレーダーをやっていると、「投資アレルギー」と言いますか、何らかの投資商品の名前を聞いただけで全否定してくる人に出会うことがよくあります。

このブログを見られている方のほとんどが「投資アレルギー」とは無縁の方だとは思うのですが、実は結構多いのです。

彼らの主張としてはやはり「何も生み出さない」、「他人が損したお金でお金を儲けている」、「社会貢献していない」などが挙げられるわけですね。


しかし、トレーダーの存在のおかげで証券会社やブローカーが潤っていますから、社会貢献になっていると私は思いますし、トレーダーがアクティブに取引するおかげで価格に流動性が生まれ、急激な価格変動が抑えられてスムーズな相場になります。

また、サヤを狙うアービトラージを専門にするトレーダーのおかげで、商品や通貨の価格の歪みは矯正されますので、これも総合的には社会に貢献していることになるでしょう。


投資家やトレーダー個人の考えは「お金儲け」のためであることは否定できません。
しかし、投資やトレードを知れば知るほど、実は一般社会には重要な存在である、と思えるのです。


それに、「投資アレルギー」の人たちは、我々の年金がGPIFを通して債券や株式を通して運用されていることを知っているのでしょうか?

年金だけではありません。
保険会社も、銀行も一般企業も株式や債券等を購入しています。
商品を取り扱う商社や石油関連の会社は当然のごとく先物取引をしているでしょう。

投資、投機だらけのこの世界で、それを否定するのはあまりにも浅はかだと私は思います。


更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
私のスキャルピング手法をまとめた教材「Pullback FX」販売中です。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

教育に依るところが大きいと聞いたことがありますよ。
労働力が(特に戦争とかに)必要なので、労働が善という価値観を
植え付ける必要があったとか・・・。
実際、昔は(産業革命前?)労働してないですもんね。



2017-06-26 11:52 | from neko8

No title

日本人には投資を嫌う人が多いですね。

アメリカでは子供の段階から投資教育を行いますが、
日本ではそんなことはやりません。

投資でお金を稼ぐことは悪いことだという考えが
根底に残っていますし、投資教育が出来る人も少ないからでしょう。

2017-06-26 16:17 | from フルフル | Edit

Re: No title

neko8さん

確かに労働が善という価値観は上の人たちからすると
植え付けておきたい考えでしょうね。

週5日働く、というのもその一つでしょうか。

2017-06-26 20:20 | from ヤマブキ

Re: No title

フルフルさん

アメリカと日本では投資に関する温度差が違いますね。
資産は自分で管理して育てていくものという考えのあるアメリカと
資産は貯蓄のみという日本ではやはり投信悲観する考えは違って当然かもしれません。

2017-06-26 20:21 | from ヤマブキ