続 投資・投機を否定する人たち - FXトレード スキャルピングで生計を立てよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のスキャルピング手法をまとめた教材「Pullback FX」販売中です。

続 投資・投機を否定する人たち

昨日の記事について色々とコメントやメールを頂きました。

このブログを見られている方は当然、投資肯定派ですから賛同して頂ける意見ばかりだったのですが、なぜ投資否定派が多いのかについての意見も頂きましたのでご紹介します。

教育に依るところが大きいと聞いたことがありますよ。
労働力が(特に戦争とかに)必要なので、労働が善という価値観を
植え付ける必要があったとか・・・。
実際、昔は(産業革命前?)労働してないですもんね。


確かにその通りですね。
労働や汗水たらして働くことを美しいと教え込むことで、楽して稼ぐことは悪いことだという価値観を植え込むことが出来ますね。実際は投資もトレードも楽して稼げるほど甘くはありませんが。

特に工業国であり、モノづくり大国の日本ではその意識が強いように感じます。
その中でもシニア層の人たちほど投資=悪の考えに染まっている人が多いのではないでしょうか。
この層の人たちの中にはバブルが弾けた時に資金を失って投資嫌いになった人もいるかと思います。



私は会社員をしており、株とFXの両方をやっているのですが、同僚にはトレードしていることは隠しています。
理由は、他人に財政事情を知られたくないですし、変な色眼鏡で見られたくないからでしょうか。職場で投資の話が出ても「俺は全く知らない」という顔をしていますね。


思い返せば私も会社員をしていた頃はごく一部の親しい同僚以外にはトレードをやっている話は一切しませんでした。

トレードについて知っている人と話すのは別にかまわないのですが、全く知らない人からあれこれ聞かれるのも面倒ですし、確かに色眼鏡で見られそうですから。

今の日本では、投資・投機・トレードを積極的にするのは少数派です。
自分でもそれが分かっているからこそトレードをやっていることをあまり主張したくないのかもしれませんね。

ちなみに私は専業トレーダーですが法人化していますので、初めて会った人には「会社経営しています」とだけ答えています。

「どんな会社ですか?」
と聞かれたら渋々トレードの話をします。


それから、タイムリーなことに元マネックス証券の内藤忍さんが非常に興味深い記事を書かれていました。ぜひご覧ください。

「生涯投資家」- なぜ村上ファンドは悪者で、バフェット氏は英雄なのか?

村上ファンドで有名な村上世彰さんの最近出した著書や村上氏自身について書かれた記事なのですが、村上氏に対する日本のメディアの報道体制や世間の投資に対する誤解について批判されています。


特に以下に抜粋した個所は、内藤氏の無念さを強く感じます。

ニッポン放送のインサイダー取引事件の裁判では、裁判官から「徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない。」と投資の存在を根本から全否定され、日本の株式市場の「あるべきではない姿」は議論されることは無かったと回顧しています。

村上さんのあるべき姿を純粋に追求していく手法は、変化を好まない既得権益を持つ日本人からは忌み嫌われ、世論もその流れに操作されていったことはとても残念です。



なかなか日本で「投資」が認められるのは難しいようです。
実際には随分と前から「日本でも投資教育」と言われており、日本政府も国民に投資をさせようとNISA、iDeKoなど、節税のできる資産運用手段は増えてきましたが、それでもあまり実りはないように感じます。

日本でも投資家が尊敬されるようになるのはまだまだ先のようですね。

更新の励みになります。
応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
私のスキャルピング手法をまとめた教材「Pullback FX」販売中です。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。